2016年05月17日

6月レッスン受付開始しました。

5月よりスタート致しましたオンラインレッスンも
いよいよ第2回目・6月レッスンの受付をスタート致しましたかわいい

201606-1-500.jpg

6月は【初夏のスパイラル・シュトラウス】かわいい
暮らしに役立つ花束の作り方がレッスン頂けます。
受付は5月末日まで。次回このレッスンは来年の6月まで受講頂けませんので、
どうぞこの機会を逃さず、暮らしをランクアップさせて下さいませわーい(嬉しい顔)
一回だけのレッスンも勿論OK、入会金も不要ですよ〜ひらめき
posted by K:umi at 17:19| Comment(0) | お知らせ

2016年05月03日

センスもレッスン!?

『お教室や講座で学べるのは“技術”だけなのだから、“センス”は自分で学んでね。』

尊敬する恩師から教わった言葉です。
この時も後光がさしましたぴかぴか(新しい)
素敵な名言を本当にありがとうございましたexclamation×2

確かにそうですね。
いくら技術が身についても、それが素敵な作品が作れるかどうかは又別のお話なのですよね。

センスの学び方。
ひとそれぞれだと思いますが、私は美術館や美しい建築物、素敵なインテリアのある場所や本屋さんなどによく通うようにしてきました。
たまにセンスチャージをしないと、作る作品も何だかぼやけた仕上がりになってしまうから不思議ですふらふら
きれいなものを沢山チャージした時は、作品もビシッと決まるのです。

これからも絶え間なく、センスチャージして参りますかわいい
posted by K:umi at 17:16| Comment(0) | 上達ワンポイント

花の名前と分類

初めてフローリストとして花の世界に入った時、まず私を悩ませたのは“花の名前”でした。
店頭に立っても、花の名前が分からないのではお仕事にならないのです。

そんな時に店長さんからのアドバイスは、
『1日ひとつ、覚えていけばいいのよ。1年経つ頃には365個の名前が分かるようになるわ。』
exclamation×2
後光がさして見えました。
温かいアドバイスを本当にありがとうございましたexclamation×2

花の名前を覚えたら、それが花の分類のどれに属するかも覚えて行きます。
マス、フォーム、ライン、フィラ、その花がどれなのか覚えて行くと、
自分で花材選びをする際に絶対に役立ちます。
そして、お花屋さんに行くのが楽しくなりまするんるん
posted by K:umi at 17:07| Comment(0) | 上達ワンポイント

生花も学ぼう♪

アーティフィシャルフラワーの取り扱いは本当に簡単です。
自由に曲がりますし、枝ぶりまで自由自在に操れます。
そして何より、水あげの必要が無いのですがく〜(落胆した顔)

生花を主とするフラワーデザイナーやフローリストがいちばん重要とする“水あげ”。
確かにアーティフィシャルフラワーには無縁なのですが、
やはり生花の扱いを知るのと知らないとでは、“命”を感じる作品が作れるか否かの大きな違いが生じるように思えてなりません。

ショップ経営や講師を目指すなら、水あげなど花の基本も重要です。

『この花は生花ではどんな茎の曲がり方をしているのか』
『この花は生花のアレンジならどんな使い方をするのか』等など、“花”をもっと楽しく学んでいきましょうるんるん

お花屋さんをもっともっと活用しましょうるんるん
お花屋さんから色々学びましょうるんるん

命のないアーティフィシャルフラワーがいきいきと“命”を感じるようにアレンジ出来たら、本当に素敵な事ですねわーい(嬉しい顔)



posted by K:umi at 16:54| Comment(0) | 上達ワンポイント

2016年05月02日

フィラフラワー

花のタイプのひとつ。
【Filler Flower】

繊細に枝分かれした先に小さな花が沢山咲く。
アレンジメントの花と花の間を埋める花として使用します。
カスミソウやソリダスター、ブプレリウムなどが分かりやすいですね。
K:umiでは、ミニバラやフランネルフラワーなどの小花、細やかなグリーンなどをフィラフラワー代わりとして使用しています。

お花の写真はこちらでご紹介しています。
http://www.kumi-flower.com/profile/flowername.html

他の花タイプ:
マスフラワー
フォームフラワー
ラインフラワー
posted by K:umi at 17:04| Comment(0) | フラワーデザイン用語

ラインフラワー

花のタイプのひとつ。
【Line Flower】

デルフィニウム、ストック、グラジオラスなどライン状に花がつく花です。
背の高い作品や横に長い作品などに使用します。
アレンジのアウトラインを取る役割を果たします。

お花の写真はこちらでご紹介しています。
http://www.kumi-flower.com/profile/flowername.html

他の花タイプ:
マスフラワー
フォームフラワー
フィラフラワー
posted by K:umi at 17:01| Comment(0) | フラワーデザイン用語

フォームフラワー

花のタイプのひとつ。
【Form Flower】

ユリ、アンスリウム、アマリリス、胡蝶蘭、カラーなど、形に特徴があり、個性的な存在感を放つ花です。フォーカルポイントとしても活躍します。
モダンな作品に良く似合います。
数本だけでも絵になるアレンジが可能な花が多く、大きさも大きめのものが多く存在します。

お花の写真はこちらでご紹介しています。
http://www.kumi-flower.com/profile/flowername.html

他の花タイプ:
マスフラワー
ラインフラワー
フィラフラワー
posted by K:umi at 16:53| Comment(0) | フラワーデザイン用語

マスフラワー

花のタイプのひとつ。
【Mass Flower】=固まりの花

ローズ、ラナンキュラス、ガーベラ、マム、カーネーション、ひまわり、紫陽花など、アレンジメントに欠かせない丸いフォルムの花材で、花びらが沢山あるのが特徴です。大きめできれいな花はフォーカルポイントとしても活躍します。

お花の写真はこちらでご紹介しています。
http://www.kumi-flower.com/profile/flowername.html

他の花タイプ:
フォームフラワー
ラインフラワー
フィラフラワー
posted by K:umi at 16:47| Comment(0) | フラワーデザイン用語

グルーピング

同じ花材や同系色の花材などを一箇所にかたまるように挿すこと。
視線が集中しやすく、作品がモダン・洗練された印象に仕上がります。
小さな花をグルーピングし、大きめな花のように存在感を持たせる事も出来ます。

K:umiのレッスンでは 初級 5月編で学習します。

F455-3-500.jpg
写真では、上の方にまとめて濃い紫のバラをまとめて入れています。
posted by K:umi at 16:29| Comment(0) | フラワーデザイン用語

アウトライン

『アウトラインをとる』という表現をします。

フラワーデザイン上では、アレンジメントの輪郭をさします。
アウトラインをくっきりと取るようにするとモダンな作品に、細かな花などでランダムに挿したりしてぼやかすことでナチュラルな作品に仕上がったりと、作品のイメージにも影響を与えます。

posted by K:umi at 16:24| Comment(0) | フラワーデザイン用語